学校健診から消える「座高測定」「ぎょう虫検査」:イザ!

2014.5.12 10:40

学校健診から消える「座高測定」「ぎょう虫検査」

 ■検出率1%以下

 ぎょう虫などの寄生虫卵検査は小学3年生以下に義務づけられ、昭和33年から行われている。多くの学校で、肛門にセロハンテープを貼り、ぎょう虫の卵の有無を調べる検査を実施してきたが、衛生環境の改善に伴い、子供の寄生虫感染率は激減。過去10年の検出率は1%以下だった。

 文科省によると、小学生の寄生虫卵保有は、祖父母世代(昭和33年度)が29・2%、父母世代(58年度)が3・2%に対し、子世代(平成25年度)は0・2%となっている。

 ただ、沖縄県など南の地域は今でも発生率が高く、文科省が募集したパブリックコメントでは「子供が感染したことがある」「ゼロになったわけではないため廃止すべきではない」との意見も寄せられた。

 文科省は「地域によっては学校の判断で継続するよう指導する」と説明。手洗いの徹底など衛生教育の充実を図るとした上で、「学校の検査がなくなっても、ぎょう虫検査は病院でできるし、キットは市販されている」としている。

関連まとめ

関連ニュース

|