筋トレでメタボ脱出、データも裏付け 「予防医療」「医療費削減」にも

 会社や自治体の健診で保健指導の対象となった人が指導を受けるか、無視してそのままの生活習慣を続けるかは大きな分かれ目となる。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)からの脱出で有効とされるのが筋力トレーニングだ。予防医療や医療費削減の観点からも推奨されている。筋トレでメタボ状態を脱したケースを交え、その効果を紹介する。(大家俊夫)

 ◆予備軍宣告が契機

 東京都中野区の主婦、山田孝子さん(67)は一昨年、送られてきた区の健診結果に驚いた。メタボ予備軍-。メタボの女性の腹囲基準90センチを上回り、中性脂肪も基準値を超えていた。「健診の診断結果の封筒にスポーツジムの資料が複数入っていた。重い腰を上げてジムに通って運動することにしました」

 山田さんは筋トレを週に2、3回、9カ月続けた。その結果、昨秋の区の健診では体重は前回比で6キロ減、腹囲も6センチ減。中性脂肪値も正常値になり、「異常なし」となった。

 山田さんは筋肉が付いたためか、持病の膝間節痛が改善するという副産物も。整形外科に通うことはなくなり、予防医療の実践や医療費の削減という点で大きな成果を上げた。

 メタボと判定された神戸市の主婦(69)は平成19年9月に60キロあった体重がジムで筋トレを始めたことで、21年10月には47キロまで減った。メタボは改善され、「洋服のサイズが15号から9号になった。五十肩の痛みからも解放されました」という。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧