新型万能細胞で山中伸弥教授「日本人研究者からの発信、誇り」:イザ!

2014.1.30 11:52

新型万能細胞で山中伸弥教授「日本人研究者からの発信、誇り」

 ■iPS細胞を開発した山中伸弥京都大教授の話

 「重要な研究成果が日本人研究者によって発信されたことを誇りに思う。今後、人間の細胞からも同様の手法で多能性幹細胞が作られることを期待している。マウスの血液細胞に強いストレスを加えると多能性が誘導されることを示した興味深い研究であり、細胞の初期化を理解する上で重要な成果だ。医学応用の観点からは、iPS細胞のような細胞の新しい樹立法ともとらえることができ、人間でも同様の方法で体細胞において多能性が誘導された場合、従来の方法とさまざまな観点から比較検討する必要がある」

関連ニュース