冬場の入浴は注意を 命を落とす危険…「ヒートショック」防ぐには

 寒い日が続いているが、特に高齢者の場合、冬場の入浴は十分な注意が必要だ。脱衣所や浴室が冷え切っていると、浴槽の熱い湯との温度差で体に負担がかかり、「ヒートショック」のために命を落とす危険もある。安全に入浴するためには「温度差」を小さくすることが重要となる。(竹岡伸晃)

 ◆急激な変化

 「多くの高齢者にとって入浴は楽しみだが、危険であることも知ってほしい」。東京都健康長寿医療センター研究所(東京都板橋区)の高橋龍太郎副所長は警鐘を鳴らす。

 同研究所が東日本の380消防本部の協力を得て調査したところ、平成23年中に4264人の高齢者(65歳以上)が入浴中に心肺停止状態となっていた。発生月は12~2月が多かった。既に死亡していて救急搬送されなかったケースもあるため、同研究所では全国で約1万7千人が死亡したと推計。高橋副所長は「毎年、同程度の高齢者などが死亡していると考えられる」。

 冬場の入浴中に死亡が増える理由について、高橋副所長は「ヒートショックが主な原因の一つ」と説明。ヒートショックとは、温度の急激な変化で血圧が上下に大きく変動し、その結果起こる健康被害のことだ。

 入浴時は脱衣所で裸になり、浴室を通って湯につかる。脱衣所や浴室が寒いと体が冷えて血圧が急激に上がり、湯につかると熱さが刺激となってさらに血圧が上昇。湯で体が温まると血管が拡張して血圧が急激に下がる。血圧の急上昇や急降下は失神や心筋梗塞、不整脈、脳梗塞、脳内出血などの原因になるという。浴槽内で意識を失えば溺死する恐れもある。

 「高齢になればなるほど動脈硬化が進むため、血圧が上下しやすく、体温を維持する機能も低下する」(高橋副所長)。高血圧や糖尿病の人なども注意が必要だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ