1年の疲れ、取りサル…雪景色のなか、約20匹が“湯治”

 長野県山ノ内町の地獄谷野猿公苑で、雪景色のなか温泉につかるニホンザルの姿を見ようと国内外から数多くの観光客が訪れている。野猿公苑周辺には約160匹のニホンザルがおり、冬のこの時期、餌やりの合間に温泉につかりにくる。

 断続的に雪が舞ったこの日は約20匹が寒さをしのぐように身を寄せ合い、“湯治”に訪れていた。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧