ハト約50羽の死骸見つかる 埼玉・熊谷、農薬検出

さいたま市浦和区の埼玉県庁(内田優作撮影)

さいたま市浦和区の埼玉県庁(内田優作撮影)

 埼玉県は21日、熊谷市でドバト約50羽の死骸が見つかり、このうち10羽の胃から殺虫剤や除草剤が検出されたと発表した。県は、周辺の農地で散布された農薬を含んだ物をハトが食べた可能性があるとみている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ