愛媛・女子大生誤認逮捕 手記公開で分かったずさん捜査の中身

次の写真へ
愛媛県議会の委員会で謝罪する松下整県警本部長(中央)ら=松山市

愛媛県議会の委員会で謝罪する松下整県警本部長(中央)ら=松山市

 松山市の20代の女子大生が身に覚えのない窃盗事件で愛媛県警に逮捕される誤認逮捕があった。女子大生は「不安、恐怖、怒り、屈辱といった感情が常に襲い、ぴったりと当てはまる言葉が見つからないほど耐え難いものだった」などとする手記を公表、県警本部長は謝罪に追い込まれた。県警はなぜ誤認逮捕をしたのか。そこには「思い込みによる捜査」というずさんな状況があったようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ