大阪北部地震 「守れた命守れず悔しい」ブロック塀危険性指摘の専門家、念押しメールにも返信なく…

前の写真へ
18日の地震で倒壊し、通学中の女児が死亡する事故があった大阪府高槻市立寿栄小のブロック塀。上は倒壊前((c)Google)

18日の地震で倒壊し、通学中の女児が死亡する事故があった大阪府高槻市立寿栄小のブロック塀。上は倒壊前((c)Google)

 平成27年11月に大阪府高槻市立寿栄小側にブロック塀の危険性を指摘した防災の専門家が22日、産経新聞の取材に応じ、大阪北部地震で登校中の女児がブロック塀の下敷きになって死亡した事故について「守れたはずの命を守れず悔しい」と話した。専門家は指摘の1カ月後に改めて寿栄小にメールを送り、ブロック塀の危険性に言及したが返信などはなかったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ