テレ朝プロデューサー、過労死 残業130時間

テレビ朝日本社=東京都港区

テレビ朝日本社=東京都港区

 テレビ朝日(東京都港区)でドラマを担当していたプロデューサーの50代男性が、平成27年2月に心不全で死亡したのは長時間労働による過労死だったとして、三田労働基準監督署が同年に労災認定していたことが16日、関係者への取材で分かった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ