彦根警察官殺害 19歳巡査、配属2カ月…「交番で先輩を銃撃」背景に何が

前の写真へ
物々しい雰囲気に包まれた事件現場の河瀬駅前交番=12日午前0時14分、滋賀県彦根市(彦野公太朗撮影)

物々しい雰囲気に包まれた事件現場の河瀬駅前交番=12日午前0時14分、滋賀県彦根市(彦野公太朗撮影)

 「警察官が血を流して倒れている」。11日夜、滋賀県警に衝撃的な一報がもたらされた。事件現場は同県彦根市の交番。病院に搬送された男性巡査部長(41)は頭部を銃撃され、死亡が確認された。12日未明、身柄を確保され、殺人容疑で逮捕されたのは、同僚の19歳の巡査。拳銃を持ったままパトカーで逃走したとみられ、県警は付近住民に外出を控えるよう呼びかけ、厳戒態勢を敷いた。交番で一体何があったのか。前代未聞の事態に混乱と不安が広がった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ