「娘の死、無駄にしないで」無痛分娩の死亡女性の父が会見 

無痛分娩事故で死亡した長村千恵さん(遺族提供)

無痛分娩事故で死亡した長村千恵さん(遺族提供)

 大阪府和泉市の産婦人科医院「老(おい)木(き)レディスクリニック」で1月、出産時の痛みを麻酔で和らげる「無痛分(ぶん)娩(べん)」で出産した長(なが)村(むら)千恵さん=当時(31)=が死亡した事件で、クリニックの院長(59)が業務上過失致死容疑で書類送検されたことを受け、父親の安東雄志さん(68)が6日、大阪市内で会見した。麻酔ミスから呼吸困難となり、亡くなった千恵さんについての思いを語り、「娘の死を無駄にしないでほしい」と再発防止を訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ