社会

台風19号 「みなし仮設」の活用検討 被災者対象に、宮城県知事

 宮城県の村井嘉浩知事は14日、台風19号を受けて開催した災害対策本部会議で被害が大きい丸森町や大郷町などの被災者の避難が長期間に及ぶ場合、行政が民間賃貸住宅を借り上げる「みなし仮設住宅」の活用を検討する方針を示した。[続きを読む]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ