金の延べ板の刻印偽造 商標法違反で国内初摘発 中国籍の男ら

 千葉県内の工場で、貴金属ブランドの刻印を偽造した金の延べ板(金地金)を製造し、商標権を侵害したとして、県警生活経済課は16日、商標法違反の疑いで、東京都江戸川区松島の無職、吉川拓海容疑者(49)と中国籍の男4人を逮捕した。金地金への刻印偽造の摘発は国内初という。

 逮捕容疑は、昨年11月18日ごろ、千葉県八街市内の工場で、金地金20個にドイツの貴金属会社「へレウス」の商標に類似した刻印を施し、商標権を侵害したとしている。

 同課によると、別の金密輸事件の関係先として同工場が浮上。今年3月に捜索したところ、へレウスを含む6ブランドの刻印の金型などが見つかった。同課は押収したスマートフォンのやりとりなどから、吉川容疑者が中国籍の男が経営する工場へ偽造を依頼し、偽造した金地金を回収していたとみている。

 偽造された金地金のうち16個は複数の貴金属店を経て成田空港から香港へ輸出されたことが確認されている。同課は他にも仲間がいるとみており、工場に持ち込まれていた金地金の入手経路などを調べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ