酒気帯び疑いで弁護士逮捕 「近いから大丈夫と思った」

 神奈川県警伊勢佐木署は3日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、横浜市中区山下町、弁護士、平賀大樹容疑者(36)を現行犯逮捕した。署によると、市内で飲酒して帰宅する途中だったといい、「家が近いから大丈夫だと思った」と供述している。

 逮捕容疑は3日午前6時15分ごろ、同市中区福富町の市道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。

 署によると、平賀容疑者は十字路を右折しようとして曲がりきれず、歩道のポールに衝突。飲食店従業員の110番で駆け付けた署員が酒の臭いに気付き、呼気検査で基準の約3倍のアルコールが検出された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ