「赤福」黒いつながり 2度目会長辞任の真相

 赤福餅で知られる和菓子メーカー「赤福」(三重県伊勢市)の関連会社が平成12年から24年まで、暴力団幹部からの依頼で指定暴力団の「代紋」などを入れた焼酎を製造・販売していた責任を取り、赤福の浜田益嗣(ますたね)会長(82)が1月に辞任した。焼酎の空き瓶を入手した男が、赤福から現金を脅し取ろうとした事件がきっかけで過去の“黒いつながり”が露見。19年の消費期限偽装事件で一度は引責辞任し、その後復帰していた浜田氏が再び老舗の看板を傷つける形となった。

 ■焼き付けられた「山菱」

 「赤福さん、これ買うてくれへんか。人手に渡ったらどえらい損失になるで」

 関係者や公判資料によると、昨年12月9日に赤福本社を訪れた高齢の男が、応対した担当者に空き瓶を示し、こう要求した。空き瓶は赤福の関連会社の酒造会社が製造した焼酎のものだが、一般に販売されている商品とは異なっていた。

 空き瓶には、ひし形が特徴で「山菱」と呼ばれる全国最大の指定暴力団「山口組」(総本部・神戸市)の代紋と、篠田建市(通称・司忍)組長の出身母体で直系組織「弘道会」(本部・名古屋市)の名称が焼き付けられていた。

 男はさらに空き瓶に暴力団幹部3人の写真と浜田氏の写真を張り付けて関係を強調。報道機関などに公表されたくなければ、100万~200万円で買い取るように要求した。

 男から電話で再度50万円を支払うよう要求された赤福側は、取引に応じたように装って三重県警に通報。男は現金の受け取りに訪れた際に恐喝未遂容疑で逮捕され、その後同罪で起訴された。

 逮捕されたのは、同県伊勢市の無職男(68)。アルバイトや骨董(こっとう)品の売買で生活しており、昨年12月初旬に同県大紀町の古美術店でこの空き瓶を発見した。製造元が全国的に知名度の高い赤福の関連会社であることに目を付け、恐喝の道具に利用することを思いつき、2千~3千円で買い取った。

 古美術店の男性店主(81)は「空き瓶は同県紀北町で見つけ、白い陶器の瓶が珍しく店で保管していたが、売り場には出していなかった。こんなものを何に使うのか分からず、男にただであげようとしたら『それはあかん』と金を置いていった」と振り返る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ