交番に車が衝突 酒気帯び容疑の男を逮捕 大阪・岸和田

 9日午後11時半ごろ、大阪府岸和田市西之内町の府道に乗用車が乗り上げ、大阪府警岸和田署中央公園交番に衝突。交番出入り口の扉が破損した。酒を飲んで運転したとして、岸和田署は10日、道交法違反(酒気帯び)の疑いで、乗用車を運転していた同市荒木町の自営業、丸山伸大容疑者(31)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。

 同署によると、この事故で同乗していた丸山容疑者の長女(6)と長男(5)が軽傷を負った。交番は当時無人だった。

 現場は片側1車線の直線道路。丸山容疑者は帰宅途中だったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ