消防ヘリが救助中に女性が落下し死亡 フック付け忘れてつり上げ

 東京消防庁は13日、台風19号の被災地である福島県いわき市で緊急消防援助隊として活動中だった消防ヘリ「はくちょう」が同日午前10時ごろ、孤立状態で救助を待っていた女性(77)をつり上げて救助する際、誤って高度約40メートルから落下させる事故があったと発表した。

 女性は落下後、再び救助されたが、心肺停止状態で搬送先の病院で死亡が確認された。

 東京消防庁は13日午後に記者会見し、清水洋文次長が「申し訳ありませんでした。活動中の手順を誤ったことが原因」と謝罪した。同庁によると、隊員は女性側の救助装置のフックをロープに付け忘れたままつり上げていたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ