実習で知り合った学生6人にセクハラ 千葉県、看護師を懲戒処分 

 千葉県は7日、看護実習で知り合った看護学校の女子学生6人に尻を触るなどのセクハラ行為をしたとして、県立病院の40代の男性主任看護師を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にした。

 県病院局によると、男性看護師は3月8日、同県内の看護学校の卒業謝恩会に学生の実習担当だったことで招かれ、カラオケ店で行われた懇親会に同校の学生15人、教員ら3人と参加。その際、20~30代の女子学生6人に対し、尻を触ったり、着衣を引っ張って胸元をのぞくなどのセクハラ行為をした。

 女子学生の1人が同校の教員に相談したことで発覚。同局の調査に対し、男性看護師は「酒に酔っていて覚えていない」と話していたが、複数の学生の証言があり、最終的にセクハラ行為を認めたという。同局では男性看護師を実習担当から外す措置を取った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ