和歌山の逃走事件で男起訴 公務執行妨害と傷害罪

 和歌山地検は7日、駐車場で警察官の職務質問を振り切って乗用車を急発進させ、警察官5人を負傷させたとして、公務執行妨害と傷害の罪で、神戸市長田区の無職、朴悠也容疑者(32)を起訴した。

 起訴状によると、7月10日午後7時ごろ、和歌山市内の駐車場で、盗品のナンバープレートを付けた乗用車を発見した警察官が職務質問しようとした際、乗用車を急発進させ、ボンネットに飛び乗るなどした警察官5人に擦り傷などのけがをさせたとしている。

 県警は朴被告を全国に指名手配。7月17日に知人宅にいるところを捜査員が見つけ、逮捕した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ