常習賭博疑い 経営者の74歳男逮捕 横浜

 パチスロ機などを使って客に賭博をさせたとして、神奈川県警生活保安課と伊勢佐木署は8日、常習賭博容疑で横浜市中区三吉町のゲーム機賭博店経営、仙谷良夫容疑者(74)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は4月10日午前9時35分ごろ、同区福富町仲通のゲーム機賭博店で、複数人と共謀してパチスロ機などのゲーム機を使って、飲食店経営の男性(34)=相模原市中央区=ら客2人に賭博をさせたとしている。

 店内からはゲーム機40台が押収されており、県警は背後関係などを詳しく調べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ