10人死傷暴走、弁護側控訴 福岡、「踏み違え」不服

 福岡市博多区で平成28年、暴走したタクシーが病院に突っ込み3人が死亡、7人が負傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた運転手、松岡龍生被告(66)の弁護側は1日までに、禁錮5年6月とした福岡地裁判決を不服として控訴した。3月28日付。

 3月27日の地裁判決は、ブレーキとアクセルを踏み間違えた被告の運転ミスが事故原因だと認定。「車に不具合があった」として無罪を訴えた弁護側の主張を退けた。

 判決によると、28年12月3日午後5時ごろ、博多区の市道を走行中、時速86キロで原三信病院の1階ラウンジに突入。入院中の遠藤一行さん=当時(53)=と、見舞いに来ていた花田盛幸さん=同(44)、美佐代さん=同(44)=夫妻の計3人を死なせ、ほか7人にけがをさせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ