アンケ実施、学校が父親に伝達か 女児死亡、市資料に記載

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件で、父親の勇一郎容疑者(41)の暴力を心愛さんが訴えた学校アンケートの回答のコピーが勇一郎容疑者に渡っていた問題に絡み、虐待対応に当たる市児童家庭課の資料に、「学校が父にアンケートの実施を伝えた」と記載されていたことが10日、分かった。

 勇一郎容疑者の要求に屈してコピーを渡した市教育委員会の行為が「虐待リスクを高めた」と指摘されるなか、要求の発端を学校がつくっていた可能性が浮上した。

 関係者によると、市の聞き取りに対し、学校側は「伝えていない」と否定している。市が今後、記載の信憑(しんぴょう)性を含めて経緯を検証する。アンケート用紙には「ひみつをまもります」と注意書きがあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ