小4女子死亡事件 千葉県柏児童相談所会見要旨(5日)

 ■30年3月19日

 心愛さんは3月初旬、自宅に戻り生活を始めた。3月19日に児相職員3人が小学校を訪問し、心愛さんと面接、心愛さんのものとされた文書について聞いた。心愛さんは、仕事で父親がいないときに母親に会いに(親族宅から)自宅に帰った際、父親から母親に「こういう手紙を書くように」というメールがあり、それを見ながら書き写したと。職員が心愛さんの気持ちとは違うのかと聞いたら、「お父さんとお母さんに早く会いたい。一緒に暮らしたいのは本当」と答えた。

 質疑応答

 --3月19日の心愛さんとの面接で、「お父さんに叩かれたのは嘘」という部分の真偽は確認したのか

 二瓶所長 最初に「またお父さんに叩かれたりしていないか心配で会いに来た」と伝えると、心愛さんは「大丈夫な感じ」と。そして「親族に頼んでお母さんしかいないときにアパートに連れて行ってもらったが、家の中の様子が変わっていて物がたくさん増えていた。お母さんも変わらない。お父さんとはこれまであまり話をしていなかったが、物が増えたことや妹のことを話している。学校も楽しく通っている。今の学校に転校して3カ月だけど、今ではクラスの子みんなが友達」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ