超高金利融資疑いで逮捕へ 30都道府県で2億超違法か

 宮城県警は15日、法定を超える金利で現金を貸し付けたとして、出資法違反(超高金利)などの疑いで、仙台市泉区の貸金業「共栄ファイナンス」経営の男ら3人を逮捕する方針を固めた。

 県警によると、同社は平成25年1月~30年7月に、30都道府県の計約150の法人や個人事業者に計約17億7千万円を融資したとみられ、県警は利息で得た約5億3千万円の半分程度に当たる2億円以上が違法金利によるものだったとみている。

 逮捕容疑は共謀し、29~30年、仙台市と兵庫県の自営業の男性2人に現金を貸し付け、法定金利を超える利息を受け取るなどした疑い。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ