あおり運転殺人 否認 被告「追突、故意でない」 初公判

 堺市で昨年7月、乗用車で前方のバイクにあおり運転をしたうえ、追突して男子大学生を死亡させたとして殺人罪に問われた同市南区の元警備員、中村精寛(あきひろ)被告(40)の裁判員裁判の初公判が15日、大阪地裁堺支部(安永武央裁判長)で開かれた。中村被告は罪状認否で「あえて追突したわけではない」と殺意を否認。弁護側も殺人罪の成立を否定し、自動車運転処罰法違反(過失致死)罪の適用を主張した。

 あおり運転によるトラブルが社会問題化する中、死亡事故が殺人罪で立件されたのは異例。

 起訴状などによると、中村被告は昨年7月2日午後7時35分ごろ、同市南区竹城台の府道で、同市西区の大学4年、高田拓海(たくみ)さん=当時(22)=のバイクに追い抜かれたことに腹を立て、死なせるかもしれないと認識しながらバイクに接近し、追突。頭蓋骨骨折などのけがをさせ、死亡させたとしている。

 検察側は冒頭陳述で中村被告の運転状況を詳述。それによると、中村被告は、自分の車の直前に高田さんのバイクが入ってきたことから、ヘッドライトをハイビームに切り替えた。その後、高田さんが加速して車線変更したため、時速90キロに加速し同じ車線に移ると、時速100キロ超で車間距離を詰め、ゆるやかにブレーキをかけつつ、直進。最終的に時速96~97キロでバイクに追突したという。

 検察側は「被害者の運転に腹を立てて追いかけ、追突すれば死亡させると分かりながら、あえて追突させた」と指摘した。

 こうしたことを立証するため、検察側は、中村被告の車や近くを走っていた車のドライブレコーダーの映像を証拠として提出。法廷で一部が流された。中村被告がバイクに複数回クラクションを鳴らしたりする音が記録され、追突直後には「はい、終わりー」という中村被告の声も入っていた。

 一方、弁護側も冒頭陳述を実施。中村被告は高田さんが加速して車線変更した後にいったんバイクが視界から消えていたと主張。その後、車線変更してバイクを発見したためブレーキをかけたが、間に合わず追突したとして、「被害者のバイクに立腹し故意に追突した事実はない」と述べた。

 公判は4回開かれ、論告求刑公判は17日、判決公判は25日の予定。

 あおり運転をめぐっては、神奈川県の東名高速道路で平成29年6月にワゴン車の夫婦がトラックに追突されて死亡した事故で、横浜地裁が昨年12月、自動車運転処罰法に規定のない停車後の事故での同法違反(危険運転致死傷)罪の成立を認め、被告に懲役18年を言い渡した。

 また、警察庁は昨年1月、悪質で危険な運転への取り締まりの強化を全国の警察に指示。同庁によると、昨年1~6月に道交法違反(車間距離不保持)容疑で摘発されたのは全国で6130件と、前年同期の3057件から倍増した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ