山口組2団体の摘発者が全体の4割超 警察庁まとめ

 全国の警察が今年1~6月に摘発した暴力団の構成員や準構成員らのうち指定暴力団の山口組は昨年同期比281人減の2428人で、神戸山口組は387人減の1088人だったことが27日、警察庁のまとめで分かった。全体の摘発は989人減の7825人。この2団体だけで全体の4割を超えた。

 神戸山口組から離脱し、3月に指定暴力団に指定された任侠山口組については、指定のための意見聴取を受けた2月9日から7月31日までに61人を摘発した。

 警察庁によると、昨年4月に任侠山口組が結成を表明して以降、今年6月末まで、神戸系と任侠系の関係者が絡む事件は8件発生。うち5件で構成員ら23人を摘発した。

 また、全体の摘発を罪種別に見ると、覚せい剤取締法違反が2091人で最も多く、次いで傷害913人、詐欺829人、窃盗767人などだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ