防災ヘリ墜落 同型機 事故相次ぎ 専門家「山での操縦の難しさ」指摘

 墜落した「ベル412EP」ヘリは全国の自治体などで採用され、信頼性の高い機体とされる。一方、過去には、墜落事故で多数の死者が出る例も相次いでおり、専門家は山岳部での操縦の難しさを指摘する。

 ベル412EPは、北海道や福島県などが防災ヘリとして利用しているほか、各地の警察が採用している例も多く、海上保安庁でも現在運用されているヘリ52機のうち4機が採用されているという。

 ただ、この機体は昨年3月、長野県松本市と岡谷市にまたがる鉢伏山(はちぶせやま)付近で墜落し、9人が死亡。また平成21年9月には岐阜県高山市の奥穂高岳付近でも墜落事故があり、3人が死亡している。

 ベル412EPについて航空評論家の青木謙知(よしとも)氏は「世界中で使われている機体で、機体そのものに新たな欠陥が見つかるとは考えにくい」と説明する。

 墜落した群馬県の防災ヘリは山野を走る「トレイル」競技で使われる道を視察していたとされる。

 このため、青木氏は「山岳部では地表をよく見ようとして樹木に接触したり、急に予想しない強い風が吹いたりすることもある。操縦の難しさが事故につながった可能性がある」と指摘している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ