女子高校生と淫らな行為 児童福祉法違反の疑いで48歳男と、生徒の母親を逮捕

 18歳未満であることを知りながら、当時17歳の女子高校生と淫らな行為をしたとして、新潟県警新潟西署などは25日、児童福祉法違反の疑いで新潟市西区五十嵐2の町の職業不詳、北野和美容疑者(48)を逮捕した。容疑の一部を否認している。

 逮捕容疑は昨年11月初旬と今年1月初旬ごろ、「家族の借金を返済するために何でもできるか」などと女子生徒を脅し、同市内のホテルで淫らな行為をしたとしている。

 また、県警は同日、北野容疑者が淫らな行為をするおそれがあることを知りながら、娘を北野容疑者に引き渡したとして、同法違反の容疑で同市に住む生徒の母親(45)も逮捕した。母親も容疑の一部を否認している。

 6月に被害関係者から相談が寄せられたことから、県警が捜査していた。同署によると、北野容疑者と生徒の母親は知人同士だった。詳しい経緯や余罪の有無などを調べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ