田原総一朗、被害者の親への取材は「人権蹂躙」と断言

悪口とバッシングまみれの報道姿勢に苦言(写真/時事通信社)

悪口とバッシングまみれの報道姿勢に苦言(写真/時事通信社)

 「今の報道は悪口のオンパレード。楽な上に、綿密に取材をしなくても記事や番組が成り立ってしまう」

 そう話すのはジャーナリストの田原総一朗さん(84才)。確かに最近のニュースを振り返ると、「悪口」と「バッシング」に満ち満ちている。

 日本大学アメフト部の悪質タックル問題では、選手にタックルを命じたとされる内田正人前監督(62才)が連日メディアで取り上げられて激しく叩かれた。「紀州のドン・ファン」こと資産家の野崎幸助さん(享年77)が怪死した事件では、50億円ともいわれる遺産相続の権利を持つ野崎さんの妻(22才)の動向に焦点が当てられ、彼女の立ち居振る舞いや発言が連日報道された。

 とりわけ近年、芸能人や政治家の不倫やセクハラの問題が続出して以降、メディアのバッシング傾向に拍車がかかった。

 「日大アメフト部の問題ではメディアが『こいつが悪い』とみなした人物を寄ってたかってボロクソに叩いている。ドン・ファンの問題も、妻が反論できないのをいいことに『こいつが怪しい』と繰り返すばかりで、一向に真実は明らかにならない。どの番組も『この人物を取り上げて叩けば簡単に視聴率が稼げる』と思って報じているだけで、一種の弱い者いじめがまかり通っている」(田原さん)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ