京都で14万人避難指示 大雨、地震の大阪北部も JR西、特急始発から運休

 近畿地方では5日、長時間降り続く大雨への警戒が続き、京都市と京都府長岡京市、大山崎町は土砂災害の危険性が高まったとして、計約6万世帯、計約14万3千人に避難指示を出した。6月に地震があった大阪府北部の箕面、枚方、高槻の3市でも計約9700人に避難指示が出た。

 JR西日本は6日の始発から京阪神エリアと北陸などを結ぶほぼ全ての特急列車の運転を見合わせるほか、京都-西明石間の新快速と快速電車の運転を取りやめる。

 大阪府茨木市と神戸市中央区、北区、須磨区の一部にも避難指示が出され、避難勧告は京都府八幡市や大阪府高槻市など地震による被害を受けた地域を中心にした近畿各府県の広い範囲や、中国地方などに及んだ。

 JR西は5日の終日、京阪神エリアから北陸や山陰方面に向かう「サンダーバード」などの特急列車の運転を見合わせた。山陽新幹線は新神戸-西明石間で同日夜、上下線の運転を見合わせた。6日もほぼ全ての特急を運休し、京都線、神戸線の一部区間などで、始発からの運転見合わせも決めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ