W杯で大騒ぎの東京・渋谷で逮捕者 警察官の帽子奪った大学生を公務執行妨害の現行犯逮捕

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表を応援するサポーターたちで混雑していた東京・渋谷のスクランブル交差点で、交通整理中の警察官の帽子を奪ったなどとして、警視庁は29日、公務執行妨害の疑いで20代の大学生の男を現行犯逮捕した。

 警視庁渋谷署によると、男は当時、酒に酔っていた。調べに対して、当初は「友達も帽子をかぶっていたので見間違えた」と供述していたが、その後に「警察官の帽子をはぎ取り、その場で捨てた」と容疑を認めたという。

 逮捕容疑は同日午前1時10分ごろ、スクランブル交差点の交通整理を行っていた機動隊員の頭を右手でつかみかかるようにして、かぶっていた帽子を奪うなどの暴行を加えたとしている。

 日本代表とポーランド代表の試合が終わり、日本の決勝トーナメント進出が決まった後で、交差点付近には大勢のサポーターたちが詰めかけ、ハイタッチしながら横断歩道を渡るなど騒ぎになっていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ