富山交番警官殺害 「怖くて友達ともしゃべれず」 緊迫の校内放送 学校に乾いた発砲音響く

 富山市の交番で26日、警察官が刺されて死亡し、拳銃が奪われた。逮捕された男は小学校付近で発砲して警備員も殺害し多くの児童がいる校内に侵入、乾いた発砲音が複数回響いた。「教室から出ないように」。緊迫した声が校内放送で呼び掛ける。児童の迎えに駆け付けた保護者や地元住民は「まさかこんなところで」と言葉を失った。

 ドンドンドン-。富山市久方町の富山県警富山中央署奥田交番の裏口のドアがノックされたのは、26日午後2時すぎ。交番には所長の稲泉(いないずみ)健一警部補(46)と交番相談員の男性の2人がいた。稲泉警部補がドアを開けると、白の半袖シャツに黒のズボン姿の元自衛官、島津慧大(けいた)容疑者(21)=同県立山町末三賀=が立っていた。

 手に刃物を持ち、稲泉警部補に切りかかった。稲泉警部補は抵抗してもみ合いになったが、数十回にわたって切りつけられ、拳銃を奪われた。

 「警察官が刺された」。この間に相談員は交番を飛び出し、道路の反対側の美容室に駆け込み、通報を依頼。同店の男性店長(46)によると、衣服や手に血が付き、慌てた様子で「交番の中にまだ犯人がいる」と話したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ