富山交番警官殺害 元自衛官が拳銃強奪、警察官刺され死亡、警備員は頭部撃たれ死亡

 26日午後2時ごろ、富山市久方町14の24、富山中央署奥田交番で、男が所長の稲泉(いないずみ)健一警部補(46)=同市宝町=の腹部を刃物で刺し、回転式の拳銃を奪って逃走した。男は近くの市立奥田小学校付近で工事警備員の中村信一さん(68)=同市高島=に発砲した。稲泉警部補と中村さんは間もなく死亡した。県警は奪われた拳銃が中村さんへの発砲に使われたとみて捜査している。

 男は奥田小の敷地内に侵入した後、駆け付けた警察官に拳銃で撃たれ、意識不明の重体。県警は中村さんに対する殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。男は同県立山町末三賀、元自衛官、島津慧大(けいた)容疑者(21)。県警は殺人容疑に切り替えて調べる。警察官所持の拳銃が奪われ、民間人が撃たれて死亡したのは極めて異例だ。

 県警などによると、稲泉警部補は交番裏口付近で刺された。死因は出血性ショックという。居合わせた交番の相談員の男性が向かいの美容室に助けを求め、店長が110番した。中村さんは奥田小の正門付近で倒れ、頭と左肩に拳銃で撃たれた痕があった。頭部損傷で死亡したとされる。奪われた拳銃は回収した。

 県警によると、島津容疑者が奥田小の敷地内で、警察官2人に対し凶器を示して向かってきたため、発砲した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ