新潟女児殺害 強制わいせつ致死でも起訴 容疑者、故意に車ぶつけ連れ込む

 新潟市西区の小2女児殺害事件で、新潟地検は25日、殺人と強制わいせつ致死、死体遺棄・損壊などの罪で、近くに住む会社員、小林遼(はるか)容疑者(23)を起訴した。小林被告は5月14日に死体遺棄・損壊容疑で逮捕、今月4日に殺人容疑で再逮捕されていた。

 起訴状によると5月7日、西区の路上で下校中の女児(7)の後ろから軽乗用車を衝突させて車に乗せて連れ去り、区内の駐車場に止めた車の中でわいせつな行為をした上で、首を絞めて窒息させ殺害。遺体をJR越後線の線路に放置して列車にひかせ、損壊するなどしたとしている。

 女児は同日午後3時すぎに友達と別れて行方不明になり、同10時半ごろ、自宅近くの線路で死亡しているのが見つかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ