大阪市西区のマンションで火災、居住の男を放火容疑で逮捕 妻がDV相談中に出火「火をつけました」

 25日午前0時20分ごろ、大阪市西区土佐堀のマンションで「煙があがっている」と近隣住民から110番があった。約1時間半後に鎮火したが、鉄筋15階建てマンションの10階の一室約50平方メートルのうち、約25平方メートルを焼いた。この火災でマンションに住む40代の女性が煙を吸って病院に搬送されたが命に別条はない。

 大阪府警西署は同日、自室に放火したとして、現住建造物放火の疑いでこのマンションに住む自営業の男(37)を現行犯逮捕した。「火をつけました」と容疑を認めている。

 同署によると、男は妻と2人暮らし。男によるDVの相談受け、署員がマンションのエントランスで妻から事情を聴いていた際に出火したという。県警は放火の動機を捜査している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ