大阪北部地震 ブロック塀、資格のない職員が点検 目視し棒でたたいただけ…高槻市教委謝罪

 大阪府北部地震で高槻市立寿栄小4年三宅璃奈さん(9)が倒壊したブロック塀の下敷きになり死亡した事故で、高槻市教育委員会が22日、市役所で記者会見し、専門家の危険性の指摘を受けて点検した市教委職員2人には、点検に関する専門的な資格がなかったと明らかにした。市教委は「事故を防げなかったのは痛恨の極み」と謝罪した。

 点検は平成28年2月に実施。ブロック塀を目視し、棒でたたいたという。市教委は「ひび割れなどが確認されず問題がないと判断した。(ブロック塀について)違法であるとの認識はそもそもなく、劣化度合いを見ていた」と説明した。

 市教委は専門家の指摘について、内部で共有していなかったとの見解を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ