大阪北部地震 国宝・薬師寺東院堂のしっくい、半数の46面が破損

 奈良県教委文化財保存課は19日、薬師寺(奈良市)の国宝・東院堂のしっくいの壁に多数の破損が見つかったと発表した。

 同課によると、東院堂の内外にある約90面のしっくい壁の半数に当たる46面で、亀裂や割れて浮き上がった箇所を確認。地震によって一時的に生じた柱のゆがみに耐えられず、破損したとみられる。建物の構造自体に問題はないという。

 修理については同寺や文化庁と協議中だが、しっくいの上塗りなどを全てやり直す必要があり、費用は数百万円かかるとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ