大阪北部地震 日本ガス協会、復旧応援隊を約2200人に増員

 日本ガス協会は19日、大阪北部地震で11万戸余りの都市ガス供給が停止していることに関連し、東京ガスなどから集めた復旧作業に当たる応援隊の規模を約2200人に増やしたと発表した。これに地元の大阪ガスや関連会社の要員などを加えると、全体で約4300人態勢になるという。

 応援隊の約2200人は東京ガスや東邦ガス、西部ガスなど全国12社のガス会社から招集。一部はすでに現地入りしている。道路や契約者の敷地内にあるガス管の修理や開栓を担う。

 経済産業省はガス協会や大阪ガスに対し、他社からの応援などで早期に復旧させるよう指示している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ