大阪北部地震 周辺で地震誘発の危険性も 熊本地震の前例、学者ら指摘

 震度6弱を観測した18日の大阪府北部地震を巡り、同じく活断層の密集地帯で起きた平成28年の熊本地震のように、周辺の活断層での地震を誘発する危険性があるとして、地震学者らが警戒を呼び掛けている。同じようなマグニチュード6程度の規模を考えておくべきだとしている。

 陸側のプレートに載る西日本の内陸部は、沈み込む海のプレートに押されて地震を起こすエネルギーをため込んでいて、「ひずみ集中帯」と呼ばれる。多くの活断層が集中するのはこのためだ。

 震源近くには神戸市北部から大阪府高槻市に延びる「有馬-高槻断層帯」や「生駒断層帯」、7年の阪神大震災を起こした「六甲・淡路島断層帯」、大阪市の真下を南北に走る「上町断層帯」があり、政府の地震調査委員会は地震が起きた活断層の特定には至らなかった。

 同様に活断層が密集する地域で起きた熊本地震は、最初の大きな地震が隣り合う別の活断層に影響し震源域が拡大した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ