新幹線3人殺傷 隣席女性に無言で刃物振り下ろす容疑者 弁当、バック散乱、新幹線車内は血の海に 乗客が見た「凶行」の一部始終

バックや靴、弁当が散乱 付近に飛び散る血痕

 小田原駅で男が警察官に取り押さえられた後、12号車の乗客は全員、警察に事情聴取された。その後、車両に残した荷物を取りに戻った乗客が見た光景は、バッグや靴、弁当が散乱し、血の海と化した現場だったという。

 13号車にいた会社員の男性(40)は、男が刃物を持ち、人の上に馬乗りになっている姿がドア越しに見えたという。「犯行後だったのか、男の服は血で染まっていた。周りに血が飛び散っており、生きた心地がしなかった」と話す。

流れる血を押さえながら「助けて」

 複数の乗客によると、男に刺された被害女性は「刃物を持った男がいる、助けて」などとさけび、首から流れる血を手で押さえながら別車両へ逃げていた。偶然乗り合わせた医師や看護師が止血するなどし、すぐに担架で運ばれたという。

 新幹線は小田原駅で緊急停止していたが、10日未明に三島駅方面へ動き出し、乗客は別の車両に乗り換えて運行。新大阪駅に着いたのは午前3時過ぎだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ