新潟女児殺害 23歳男、4日に殺人容疑で再逮捕へ

 新潟市西区の市立小針小2年、大桃珠生さん(7)が殺害され、遺体がJR越後線の線路で見つかった事件で、新潟県警は死体遺棄などの容疑で逮捕した小林遼容疑者(23)を、勾留期限の4日に殺人の疑いで再逮捕する。小林容疑者は逮捕当初から殺害への関与も供述していた。

 捜査本部によると、大桃さんは5月7日午後10時半ごろ、自宅から約170メートル離れたJR越後線の線路で列車にひかれ、死亡しているのが見つかった。死因は窒息で、首には絞められたような痕があった。下校したのは午後3時ごろで、自宅近くで連れ去られたとみられる。

 捜査関係者によると、小林容疑者は「車でぶつかり、騒がれたので首を絞めた」と供述。同容疑者の軽乗用車には、ランドセルのものとみられる茶色っぽい塗料が付着しており、車内には大桃さんを乗せた痕跡があった。捜査本部は、連れ去り後、夕方ごろまでの短時間に車内で首を絞め殺害したとみている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ