新潟女児殺害、関係者の驚きと県警情報発信の問題点

小林容疑者の高校の卒業アルバム写真

小林容疑者の高校の卒業アルバム写真

 事件発生から1週間後の14日、死体遺棄、損壊の容疑で小林遼(はるか)容疑者(23才)が逮捕された。小林容疑者の自宅は、殺害された大桃珠生(たまき)ちゃん(享年7、小学2年生)の家から約100mしか離れていなかった。

 「7日の午後10時半頃、新潟県新潟市のJR越後線の上り列車に轢かれた珠生ちゃんの遺体が発見された。丹念な調査で、頭部には首を絞められたような跡やうっ血があることがわかり、何者かによって殺された後に線路に遺棄されたとみて捜査が進められていました」(全国紙記者)

 結論から言うと、県警はごく初期段階から小林容疑者をマークし、24時間の行動確認を続けてきた。

 「絞り込んだ決め手は、犯行の1か月前に起こしていたわいせつ行為でした。小林容疑者はこの4月、女子中学生を連れ回してみだらな行為をしたとして、青少年保護育成条例違反で書類送検されていた。

 事件直後から容疑者の周囲を徹底的に洗う中で、所有する黒の軽自動車が、現場付近や小学校の周りのドライブレコーダーに映り込んでいることなどで、証拠を固めていきました」(捜査関係者)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ