新潟女児殺害・小林容疑者、薄ら笑い浮かべ… 別のわいせつで書類送検 新潟大・碓井教授「“記念品”持ち帰るなど特徴的だ」

 新潟市西区のJR越後線の線路で近くに住む小学2年の大桃珠生(たまき)さん(7)の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件は発生から1週間で急展開し、新潟西署捜査本部は14日、死体遺棄・損壊容疑で現場近くに住む会社員、小林遼(はるか)容疑者(23)を逮捕した。「優しい」「礼儀正しい」との評判もある小林容疑者だが、直前に別の女子児童に対する青少年保護育成条例違反などで書類送検されていた。

 14日夜、新潟西署に捜査車両で連行された小林容疑者は目を伏せながらも平然とした表情。署に入る際には、にやりと笑う場面すらあった。捜査本部の調べに対し、殺害をほのめかすなど関与を認めているという。

 大桃さんの自宅からわずか百数十メートルのところに住む小林容疑者は電気工事士として働いており、犯行当日の7日には仕事を休んでいた。当初から事件を起こす目的だったとみられる。事件後も数日間仕事を休んでいた。

 FNNニュースは、小林容疑者が4月に別の女子児童に対するわいせつ事件で書類送検されていたと報じた。これを受けて小林容疑者が捜査線上に浮上していたもようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ