無銭飲食の容疑者が死亡、取り調べ中に容体急変 大阪府警

 大阪府警布施署は29日、無銭飲食をしたとして詐欺容疑で現行犯逮捕した50代の男が取り調べ中に体調不良を訴え、病院に搬送したが死亡したと発表した。

 同署によると、28日午後6時10分ごろ、大阪府東大阪市内の飲食店で、財布を持たずに料理などを注文した男を店長が取り押さえ、同署員に身柄を引き渡した。同署で取り調べ中の同8時半すぎ、男が体調不良を訴え、病院に搬送したが同11時10分ごろに死亡が確認された。

 同署は「対応に問題はなかった」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ