熊谷6人殺害 被告に死刑判決 完全責任能力認める 弁護側は即日控訴

 埼玉県熊谷市で平成27年9月、小学生2人を含む6人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判判決公判が9日、さいたま地裁で開かれ、佐々木直人裁判長は求刑通り死刑を言い渡した。弁護側は判決を不服として、即日控訴した。

 刑事責任能力の有無が主な争点だったが、佐々木裁判長は、ナカダ被告が遺体を隠したり血痕を拭き取ったりしていたことなどから「犯行時においても違法性の認識を欠いていたとは考え難い」と指摘。「心神喪失で処罰はできない」とする弁護側の主張を退け、「完全責任能力を有していた」と認定した。

 その上で「強固な殺意に基づく残虐な犯行態様で、何ら落ち度のない6人もの生命が奪われた結果は極めて重大」などと指弾。「死刑をもって臨むことがやむを得ないと判断した」と結論づけた。

 妻と2人の娘の命を奪われた男性(45)は判決後、さいたま市浦和区で会見し、死刑判決について「聞いた瞬間、当然の結果だと思ったし、安心した」と語った。一方、「裁判を通して前から言っているが、(ナカダ被告の口から)真実が聞きたかった」と唇をかんだ。

 判決によると、27年9月14~16日、熊谷市の住宅3軒で計6人を刃物で襲って殺害したなどとしている。死亡したのは田崎稔さん(55)と妻の美佐枝さん(53)、白石和代さん(84)、加藤美和子さん(41)と長女の美咲さん(10)、次女の春花さん(7)=年齢はいずれも当時。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ