東日本大震災被災地に避難勧告 大雨で岩手・釜石

 岩手県釜石市など3市町は9日、大雨で河川の増水や土砂災害の危険性が高まったとして、避難勧告を出した。対象には東日本大震災の被災者が暮らす仮設住宅も含まれている。

 午前10時現在、大槌町全域と釜石市鵜住居地区、住田町の一部で、計約7千世帯の約1万5千人が対象。

 釜石市では、市街地を中心に道路が冠水するなどの被害が出ており、消防などが避難を呼び掛けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ