遺体を山中に遺棄、男2人を逮捕 千葉

 千葉県警は8日、死体損壊・遺棄の疑いで、東京都足立区の土木建設会社「飯島興業」社長、飯島健司(76)=同区東綾瀬=と、同社役員の柴田正和(52)=同区谷中=の両容疑者を逮捕した。調べに対し、いずれも容疑を認めているという。県警は成田署に捜査本部を設置。被害者の特定を急ぐとともに、死亡した経緯も知っているとみて追及する。

 2人の逮捕容疑は、共謀して3~4日、同県香取市の山中にある同社所有の敷地内で年齢性別などが不詳の死体を損壊し、一部を遺棄したとしている。

 捜査本部によると、県警に捜索願が出されていた同県成田市在住の60代男性の行方を探す過程で2人が浮上。「死体を遺棄した」とする趣旨の供述をしたため、8日未明に捜索したところ、複数の遺体の部位が見つかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ