「もっと謙虚に」と市長の尻たたいた疑いで書類送検

 北海道小樽市の市庁舎内で森井秀明市長(45)の尻をたたいたとして、道警が公務執行妨害と傷害の疑いで同市の60代男性を書類送検したことが8日、分かった。1日付。道警は昨年12月、男性を現行犯逮捕し、即日釈放。任意で捜査を進めていた。

 捜査関係者によると、書類送検容疑は昨年12月15日、市長の尻をたたいて公務を妨げ、軽傷を負わせた疑い。市によると、男性は市議会予算特別委員会を傍聴後、市長とすれ違った際に「もっと謙虚にならないとだめだ」と声を掛け、素手で尻をたたいた。

 道警は、市長側が診断書を提出したため傷害容疑に当たると判断した。

 平成27年に就任した森井市長は、議会との対立が続いている。議会側は、市長が後援会関係者に便宜を図ったなどと批判している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ