千葉県警が山口組総本部など捜索 ATM18億円不正引き出し、組織的関与解明へ

 17都府県のコンビニの現金自動預払機(ATM)から18億円超が不正に引き出された事件の計画に関わった疑いがあるとして、千葉県警などは26日、窃盗などの疑いで指定暴力団山口組総本部(神戸市灘区)や山口組弘道会本部(名古屋市中村区)など1都3県5カ所を一斉に家宅捜索した。

 事件は東京、愛知、大阪など17都府県のコンビニで一斉に現金が不正に引き出され、千葉県内では千葉、市原、船橋の各市などで約2億円の被害が確認されている。千葉県警などは、南アフリカのスタンダード銀行が発行したカードの顧客情報が悪用されとみて捜査している。

 これまでの逮捕者の供述などから山口組が組織的に関与した可能性があるとみて、捜索によって全容解明を進める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ