朝鮮総連本部に発砲、容疑で右翼活動家ら2人逮捕 警視庁

 23日午前3時50分ごろ、東京都千代田区の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部前で、男2人が拳銃を建物に向けて数発発砲し、門扉に命中した。けが人はなかった。警視庁は建造物損壊容疑で、右翼活動家の桂田智司容疑者(56)=横浜市栄区桂町=と右翼周辺者の川村能教(よしのり)容疑者(46)=同=を現行犯逮捕した。2人は容疑を認めている。

 警視庁公安部によると、2人はワンボックスカーで現場に乗り付け、川村容疑者が助手席から発砲。警戒中の機動隊員が声をかけ、車から降りたところを取り押さえた。回転式拳銃1丁を押収しており、今後、銃刀法違反容疑でも調べる。

 朝鮮総連は北朝鮮を支持する在日朝鮮人組織として昭和30(1955)年5月に発足。在日同胞の権利擁護、朝鮮学校の運営、在日朝鮮人系企業の支援などを担う。中央本部は日本と国交がない北朝鮮の大使館機能を持ち、全国に地方本部がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ